夏の終わりはSOLOTEX(ソロテックス)で賢く快適に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマートウォッチにスマート家電、スマートテレビなどなど。

最近の世の中は、何についても少しでも賢く快適に過ごすために、あらゆるモノが賢く便利になっているようです。

世の中に『便利』が増えることに嬉しさを覚えつつも、シャツ屋としては「やっぱりシャツは綿100%でしょ。化学繊維はまだまだ着心地がねぇ」なんて言いたい気持ちがあることも確か。

とはいえ、いつの時代も良いものは残し、新しいものは取り入れて試してみるの精神で、日々シャツを作るのが土井縫工所なんです。

そんな数ある機能性素材の中でも、最近のイチオシがSOLOTEX(ソロテックス)。

帝人フロンティアが開発した、あらゆるシーンで大活躍する土井縫工所でも人気の生地に新柄が追加されたのでご紹介します。

そもそもソロテックスとは?

ソロテックス®は、ポリエステルの仲間であるポリトリメチレンテレフタレート(PTT)を使用した化学繊維です。

通常のポリエステルと異なるバネの様な螺旋状の分子構造をしており、その構造がソロテックスの持つ機能性を生み出します。

シャツ生地の場合は綿と合わせて、形態安定加工を施したシワになりにくく取り扱いしやすい生地になり、また、ストレッチ性にも優れ、柔らかな風合いも併せ持つのが特徴です。

ソロテックスが持つ7つの特性

きわだつソフト感と、心地よいなめらかさ

触れた瞬間に感じる、ソロテックス®のやわらかさ。それは高級素材の代表といわれるカシミアを上回るほど。肌ざわりもなめらかで、これまでにない快適な着心地をもたらします。 また、きわだつソフト感により、複合するほかの繊維の素材感を損なうことなく、充分に活かすことができます。

快適なストレッチ性でストレスフリー

ボディラインに沿ったシルエットでも驚くほど締め付け感が少なく、身体の動きに合わせて自在に伸縮。ストレスを感じることなく、思いのままに動ける快適な着心地をお届けします。アクティブなシーンでのウェアリングにも最適です。

いつまでも続く美しいシルエット

バネのようならせん状の分子構造により、動きを加えても「戻ろう」とする形態回復性を発揮。シワになりにくく、「肘抜け」などの型崩れも抑えて美しいシルエットを保ちます。また、洗濯やタンブラー乾燥を繰り返しても伸び縮みが少なく、寸法安定性にも優れています。

他の繊維と調和しやすく拡がる可能性

化繊はもちろん、天然繊維とも相性が良く自由自在に複合できます。肌ざわりを良くするためにソフトな風合いを加えたり、着心地を良くするために伸長回復に優れたストレッチ性を与えるなど、相手の繊維の特性を活かしながら新しい感性や機能性を付与することができます。

植物由来の原料で環境にもやさしく

ソロテックス®を構成するポリマーの一部には、植物由来原料を使用。その割合は、全ポリマーの約37%にも及びます。これによって新たな化石資源の消費を抑え、温室効果ガスの低減に貢献。ソロテックス®は、人とともに、地球環境にもやさしい繊維です。

ふんわり、しなやかなクッション性が長持ち

驚くほど柔らかく、まるでマシュマロのようにソフトでしなやかなクッション性を持つソロテックス®。へたりにくく耐久性にも優れており、独自のふんわりとした風合いが長く保たれます。

鮮やかで高級感のある深い色合いが続く

ポリエステルでありながら鮮やかで深みのある色合いを実現。色落ちにも強く、ファッション性の高い上品な発色を長く保つことができます。

土井縫工所のソロテックスは今まで綿100%にこだわっていた人にこそ着てほしいシャツ!

土井縫工所のソロテックスシャツは、こだわり派のあなたにこそぜひ試していただきたい高機能ファブリックです。

今回追加したのは、綿の高級生地にも引けを取らない光沢の美しい、ヘリンボーンとドビー織りのホワイトとサックスブルー。

めっきりスーツを着なくなったという方も、少し涼しくなってくるこれからの季節には、久しぶりにネクタイを締めて出勤したくなるのではないでしょうか。

毎日が楽で快適だった今だからこそ、キッチリ感も快適性も両立できるスマートなシャツはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*